トップページ

2021年5月

2021年5月27日 (木)

愛人募集

彼女はあるサイトで愛人募集していた23歳のフリーターである。フリーターと言えばそれらしく聞こえるが、要はその日限りでお金を稼いでいる無職だ。
もちろん就職も考えている彼女だが、特に希望する職種もないそうで「やりたい仕事が見つかるまで」と言う条件で愛人募集していたのである。
愛人とはいろんな意味付けができるが、ここでは「一定の期間、お金を援助する代わりに情事の相手をしてくれる女性」と言う意味で取ってもらいたい。
一回こっきりの援助交際と愛人募集の差はそこにある。援助交際は一回やって気に入っても気に入らなくてもそれでさようならだが、愛人募集はある程度は付き合い続けなければならない(まあ、ホンマにやばいやつだったら逃げるけど)。もっと言えば、援助交際は少々ブスでも「まあ仕方ねーなー。次はもっといい子見つけよ」で済むが、愛人募集だとそうはいくまい。
だから、愛人募集の場合は初回は何だか採用面接みたいになってしまう。僕と彼女はとりあえずお茶を飲みながらいろいろ話をした。
愛人募集掲示板
彼女は特にコミュ障と言うわけでもなく、こうして接してお茶やら食事をしていると至って普通の女の子に思えた。就職ができないのではなく就職しないのだろうと言う感じは見て取れた。
「もちろんこのままじゃダメだってわかってますよ。だから長く愛人続けるつもりはないです」
なるほど。それならば問題ない。まあ、僕もそんな長期に渡って援助するだけの財力はないし、彼女が次の道を見つけてくれたら僕も援助したし甲斐があると言うものだ。そして何よりいいケツをしていた。これは長期に渡って楽しめるケツだ。きっと、僕以外にもそのケツを求めている就職先はあるはずだ。彼女にいい仕事に恵まれることを祈りながら、僕はそのケツを抱いた。
「いい仕事見つかってよかったです。愛人契約ありがとうございました」
それから半年、彼女は僕の家に就職してきた・・・奥さんとして。いや、愛人で終わらせるにはもったいないケツだったのだよ・・・。
お金の無償支援
タニマチ募集

トップページ

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ